友達をバイナンス コミュニティに招待して、取引せずに仮想通貨を獲得する新しい方法を体験してください。友達を招待して一緒にクリプトを稼ぎましょう!

ルール

新規ユーザーが登録すると、10% のコミッションを受け取ります!

Binance への紹介に成功したすべての新規ユーザーについて、紹介者は、紹介された新しいユーザーが Binance で取引を行うたびに手数料を受け取ります。

この招待リンクを使用してサインアップすると、友達に取引手数料の割引を提供することもできます。

使い方

1. 紹介リンクを友達と共有します ( https://accounts.binance.com/en/register?ref=SJUXMZQG )

2. 友達が Binance で取引を行うたびに、友達の取引手数料の 10% の紹介コミッションを受け取れます。

3. あなたの友人も、取引手数料が 10% 割引になります。

紹介プログラムの期間はどのくらいですか?

この紹介プログラムは進行中です。更新がある場合は、公式チャンネルを通じてコミュニティに通知します。

招待する友達の数に制限はありますか?

無制限です!友達は何人でも招待できます。ここに記載されている紹介リンクを使用して、メリットを享受してください。

詳細については、Binance 紹介ガイドをご覧ください。

QuarkChainについて

QuarkChain は、ピアツーピア トランザクションを可能にするように設計された、マルチレイヤーのパーミッションレス ブロックチェーンです。これは、イーサリアムの初期リリースを妨げたスケーラビリティの主要な懸念に対処するために開発されました。100,000 以上のオンチェーン TPS を提供する、安全で分散化されたスケーラブルなブロックチェーン ソリューションを提供することを目的としています。

<QuarkChainコミュニティ>

--

--

QuarkChainは、NFT検証技術に関する戦略的パートナーシップのためにVIWと提携しています。

このパートナーシップでは、VIW はエンタープライズ NFT 検証サービスを QuarkChain に提供し、QuarkChain が ERC721、ERC1155、または VIW のウォーターマークに基づいて独自のスマート コントラクトを展開できるようにします。

VIW では、NFT は作成者によって作成され、その個人の IPFS は NFT 自体のメタデータにリンクされています。作成者は、最初に ERC721、ERC1155、またはウォーターマークのいずれかを使用してスマート コントラクトをデプロイする必要があります。後者は VIW の競争上の優位性を表し、NFT 市場のセキュリティに革命を起こすことを目指しています。

QuarkChain は最近、Web3 URL 標準である ERC-4804 を導入しました。これは HTTP URL の Web3 版であり、人間が読めるリンクだけで EVM 上の Web3 リソースを見つけることができます。ERC-4804 は NFT ストレージにもメリットがあるため、VIW を使用することで、QuarkChain は NFT のストレージとセキュリティを向上させることができます。

QuarkChainチームは、現在のNFTおよびブロックチェーン市場をリードし革新できる革新的なテクノロジーを継続的に導入および実装していきます。

VIWについて

2021 年に設立され、現在韓国のソウルに本社を置く Vis In the World ( VIW ) は、NFT セキュリティに特化したオンライン サービス プロバイダーです。VIW は、業界の根底にある現在の NFT セキュリティ関連の問題を解決するために設立されました。このようなケースには、フィッシングや偽造品が含まれており、NFT 業界の将来にとって重大なリスクとなっています。

QuarkChainについて

QuarkChain は、ピアツーピア トランザクションを可能にするように設計された、マルチレイヤーのパーミッションレス ブロックチェーンです。これは、イーサリアムの初期リリースを妨げたスケーラビリティの主要な懸念に対処するために開発されました。100,000 以上のオンチェーン TPS を提供する、安全で分散化されたスケーラブルなブロックチェーン ソリューションを提供することを目的としています。

--

--

QuarkChain は、ブロックチェーン ベースの予測プラットフォームである Handy Labs と提携しています。

QuarkChainとHandy Labsは、パートナーシップを通じてブロックチェーン技術、クロスマーケティングなどで協力します。Handy は、このパートナーシップから、Handy のエコシステムで使用されるブロックチェーン技術の安定性を強化できる QuarkChain のシャーディング技術を使用してエコシステムを安定化および拡大することで利益を得ることができます。

Handy Labs は、ブロックチェーン ベースのサービスを開発および運用しています。誰でも仮想通貨の価格を予測して報酬を獲得できる予測プラットフォーム「Handy Pick」と、NFTを活用した多様なコンテンツを通じてユーザーが獲得できる「King of Planets」を開発・運営しています。

Handy Pick には世界中に 360 万人以上のユーザーがおり、将来的には QuarkChain の技術を利用して、より安全でスケーラブルなサービスをより適切にユーザーに提供する予定です。

QuarkChain は、ブロックチェーン シャーディング テクノロジを使用した、柔軟でスケーラブルなユーザー指向のブロックチェーン インフラストラクチャです。安定性、スケーラビリティ、および高速トランザクションを誇示します。QuarckChain は、Bigbang と呼ばれるメインネット 2.0 を立ち上げ、さまざまなエンタープライズ ソリューションを提供しています。

--

--

Web3 の人気が高まる中、中国本土では最近、雲南省の観光都市で独自の Web3 カンファレンスが開催されました。QuarkChainの共同創設者でCMOのAnthurineは、QuarkChainを紹介するためにいくつかのローカルミートアップに参加し、QuarkChainの創設者であるZhou博士によって提案された最近のイーサリアム改善提案EIP-4804を強調しました。

現在、Web3 アプリケーションの 99% 以上が、集中型コンポーネントに依存してユーザーに表示しています。これらのコンポーネントに問題がある場合、Web3 アプリケーションの動作に影響します。アプリケーション サーバー、ノード サービス プロバイダー、さらには DNS も集中型コンポーネントであるため、単一障害点になる可能性があります。サーバーがハッキングされる DNS 攻撃など、その他の問題も問題になっています。複数のハッキングが発生し、少なくとも数百万ドルの損失が発生しました。ノード サービス プロバイダーである Infura の最近の閉鎖により、多数の Web3 アプリケーションにアクセスできなくなり、誰もがブロックチェーンの信頼性に疑問を抱くようになりました。

ERC 4804 は、これらの問題に対するソリューションのパッケージを提案しています。ERC 4804 は、元の集中型サーバー、ノード サービス プロバイダー、DNS サービスを分散化し、集中型ゲートウェイに依存することなく URL を解決し、最終的にチェーン上で生成された Web コンテンツを直接配置/レンダリングします。関連するインスタンスは、Ethereum Improvement Protocol (EIP-4804) を通じてレビューおよびリリースされています。

ERC 4804 は、将来的に Web3 の真の完全な分散化において大きな役割を果たします。また、Web3 の開発により良いサービスを提供できるように、より多くの機会に Web3 の人々に紹介します。

--

--

QuarkChain チームは、過去 3 年間に韓国で開催されたアジア最大のオフライン ブロックチェーン イベントであるKorea Blockchain Week 2022 ( https://koreablockchainweek.com/ ) に参加しました。約 2 週間にわたって、BUIDL ASIA ( https://www.buidl.asia/ ) と Impact の 2 つのメイン カンファレンスと、60 以上のサイド イベントが開催されました。

Hashed、FactBlock、ROK Capital が主催するこのイベントには、Ethereum Foundation の Vitalik Buterin、Binance の Changpeng Zhao、Animoca Brands、Near、Polygon、Ava Labs、Axie Infinity、dYdX、1inch、その他の有名な VC がスピーカーとして招待されました。

このイベントには数万人が参加し、イベントの数日前にすべてのチケットが売り切れ、多くの注目を集めました。

QuarkChain チームはさまざまなチームと会い、コラボレーションやスポンサード イベントについて話し合いました。

--

--

ProjectWITHがQuarkchainと提携し発表できることを嬉しく思います。QuarkChainは、異種のシャーディングテクノロジーを使用する、柔軟でスケーラブルなユーザー指向のブロックチェーンインフラストラクチャです。イーサリアムスマートコントラクトを完全にサポートする革新的なパーミッションレスブロックチェーンアーキテクチャにより、100,000以上のオンチェーンTPSを提供するための安全で分散型のスケーラブルなブロックチェーンソリューションを提供することを目指しています。 ProjectWITHは、特にNFTの拡張、技術サポート、および共同マーケティングにおいて、Quarkchainと協力します。 ProjectWITHについて ProjectWITHはスポーツに特化したブロックチェーン企業であり、ProjectWITH(スポーツキャリア管理プラットフォーム)、WEDID(スポーツ活動のための分散型アイデンティティサービス)、WITH NFT(スポーツ寄付およびジェネレーティブNFTのためのNFT)、スポーツメタバースなどの多くのブロックチェーンビジネスを開発しています。ProjectWITHは、WITHおよびWEDIDを介してさまざまなスポーツデータを収集および統合し、それをWITHメタバース、NFT、およびゲームに利用します。

QuarkChainはProjectWITHと提携して、そのエコシステムを拡張します
QuarkChainはProjectWITHと提携して、そのエコシステムを拡張します

ProjectWITHがQuarkchainと提携し発表できることを嬉しく思います。QuarkChainは、異種のシャーディングテクノロジーを使用する、柔軟でスケーラブルなユーザー指向のブロックチェーンインフラストラクチャです。イーサリアムスマートコントラクトを完全にサポートする革新的なパーミッションレスブロックチェーンアーキテクチャにより、100,000以上のオンチェーンTPSを提供するための安全で分散型のスケーラブルなブロックチェーンソリューションを提供することを目指しています。

ProjectWITHは、特にNFTの拡張、技術サポート、および共同マーケティングにおいて、Quarkchainと協力します。

ProjectWITHについて

ProjectWITHはスポーツに特化したブロックチェーン企業であり、ProjectWITH(スポーツキャリア管理プラットフォーム)、WEDID(スポーツ活動のための分散型アイデンティティサービス)、WITH NFT(スポーツ寄付およびジェネレーティブNFTのためのNFT)、スポーツメタバースなどの多くのブロックチェーンビジネスを開発しています。ProjectWITHは、WITHおよびWEDIDを介してさまざまなスポーツデータを収集および統合し、それをWITHメタバース、NFT、およびゲームに利用します。

--

--

親愛なるコミュニティメンバーの皆様へ

第77回QuarkChain月報(2022年5月)へようこそ。開発の進捗状況、月刊ニュース、イベントなどの月報を月末に掲載します。将来的には、QuarkChainはより良いことをするよう努めています。先月何が起こったのかを振り返ってみましょう!

1)最近のニュース

  1. 1 QuarkChainの創設者兼CEOであるZhou博士は、QuarkChain方法論に基づいて複数のイーサリアム改善提案(EIP)を提案し、採用されました。

--

--

親愛なるコミュニティメンバーの皆様へ

第76回QuarkChainマンスリーレポート(2022年4月)へようこそ。開発の進捗状況、月刊ニュース、イベントなどの月報を月末に掲載します。将来的には、QuarkChainはより良いことをするよう努めています。先月何が起こったのかを振り返ってみましょう!

1)開発の進捗状況

パフォーマンスを向上させるために新しいリリースを追加します。ルートブロックの確認が古すぎる場合は、新しいマイナーブロックの処理をスキップします。

2)最近のニュース

2.1QuarkChainメインネットバージョン1.6.0のアップグレードが正常に完了しました

--

--

4月15日、QuarkChainの韓国チームは、LG Electronicsの家電&エアソリューション(H&A)マーケティングコミュニケーションチームにNFTに関する講演を行いました。

韓国におけるメタバースとNFTへの関心が急速に高まっているため、大企業はすでにこれらの分野への参入を発表しています。

関心と比較して、NFTの分野ではまだ十分な理解や応用がありません。多くの企業マネージャーは、ブロックチェーンテクノロジーとNFTのユースケースに興味を持っており、学習する必要があります。

LG Electronics H&Aチームのマーケティングコミュニケーションチームの要請により、QuarkChainチームは、NFTとは何か、さまざまな応用事例があり、LGElectronicsで使用できる種類と事例を例を挙げて説明しました。

合計60名のチームメンバーが参加し、40分間の講義に耳を傾け、さまざまなハイレベルな質問をしました。

QuarkChainは、講義やプレゼンテーションなどの機会を通じて、NFTやDefiなどのブロックチェーンテクノロジーのさまざまな使用法を教育および普及し続け、多くの企業と協力する方法を模索し続けます。

--

--

QuarkChain Japan

QuarkChain Japan

21 Followers

ようこそ!こちらはQuarkChainの公式日本Mediumアカウントです。最新情報を日本語で更新していきます!いいね!お待ちしております♪♪